ぜんちゃんの紹介






  

  
神ば愛なり
 1994年12月に七尾市内ある七尾聖書教会の牧師、教会員に導かれ、自分の罪深さを知り、こんなに罪深い私のために、神様はひとり子のイエス様を十字架に付けて下さったことを信じ,、洗礼を受けました。

 本当に私は醜い人間です。人を憎み、愛することができないものです。

 そんなものを、イエス様は愛して下さることに感謝です。

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。「第二コリント5:17」

  


  


  
  2003年1月31日(金)に、10年ぶりにギブス包帯を巻いて両足の短下肢補装具の型取りをしました。現在はプラスチックの装具を24時間、装着しています。
  2011年8月から右手も変形して夜も寝られないほど痛みが出てきたので、ギブスを巻いて型取りして右手の装具を作りました。
     
     
2015年5月18日(月)新しい右手装具の採型をしました。